札幌のリフォーム会社、総建装では外壁リフォーム、玄関フード、外溝工事などの住宅リフォームが得意です。

北海道の注文住宅もお任せください。

総建装NEWS総建装の家づくりリフォームナビ断熱・結露対策事例紹介

>札幌のリフォーム/総建装  >事例紹介  >新築後(未造作の状態)の遊び心も取り入れた外構工事!

新築して1年後、そろそろ外構もお考えとの事で工事のご依頼を請け、ただ
アスファルトをするだけでは面白みも何もないので、遊び心も取り入れた
工事のご提案をさせていただきました。

施工前
20140403-80
いわゆる『未造作』の状態です。

20140403-81
玄関部分には、インターロッキングを斜めに施工しました。
歩道と玄関までのアプローチは、まっすぐではなく、少し曲がって入って
もらうようにしました。
正面はあえて歩道と段差をつけ、化粧砂利仕上げとしました。
夏はここにプランターを置いて、樹木やお花を飾れるステージとしました。
砂利なので、お手入れも楽ですね。

別の角度からの写真
20140403-82
歩道との仕切りは、通常は『民地仕切り石』というコンクリート製の仕切
りを使用しますが、それだと普通すぎるので、仕切りも『レンガ』でアク
セントをつけました。
※写真の右角部分が『レンガ』です。
インターロッキングと化粧砂利の間の石は、『ピンコロ』とよばれる約
10センチ角の不揃いの石を使用しています。
ちょっと段差をつけるだけで、イメージがずいぶん変わりますね♪

20140403-83
そんなに広くはないのですが、アスファルトだけではちょっとさびしいの
で、レンガでラインも入れてみました。
手前は、玄関アプローチ部分のインターロッキングです。

もうひとつの遊び♪
20140403-84
散水栓廻りも、インターロッキングとピンコロで仕切りをいれ、化粧砂利
仕上げとしました。
アスファルトだけでは物足りないとしてインターロッキングも施工して
おりますが、実は、一部をインターロッキングにしたのは意味があります。
インターロッキング部分は土や砂で固定しているので、雨水を吸収してく
れます。
アスファルトだけでは水たまりが出来やすいので、インターロッキング
部分にむかって勾配をつけることにより水たまりが出来るのを防止して
くれています。
見た目も実用性もGood!ですね。